読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Harukiのスマブラなどブログ

スマブラ(for)やスマブラ系Webサービスについて書いていきます

超今更な簡易EVO2015レポと、EVO2016参加のすすめ

今年のEVO2016に、スマブラ4が採用されました。去年2000人弱集めているから今年も採用されるだろうと思いつつ、正式に発表されると安心しますね。

そして、今年はルールが"まとも"です。っというのも、去年はまさかの「カスタム有り」だったので、スマ4が採用されてからも安心しきれなかったのですが、これで本当に一安心です。

そして、僕も先日登録を済ませました。スマ4部門とポッ拳部門の2部門に出場します。ポッ拳WiiU版しかプレイしたことないにわかです(^^)/

今日は、超今更ながら、去年のEVO2015のことと、EVO2016参加のススメについて書いていこうと思います。

EVO2015 スマ4参加記

2015年7月17から19日にラスベガスで開催されたEVO 2015に参加しました。

しかし、先程も言ったように、スマ4のルールはまさかの「カスタム有り」。通常の大会ではカスタム無しで行われる上、一部のカスタム技はバランスが悪いためガチ勢にとってはかなり不満のあるルールでした。このルールのせいで、行くことをやめた日本のスマブラーはかなりいたのではないでしょうか。(ちなみに僕は”壊れキャラ”として悪名高い格闘Mii(1122)を使用しました...)

そんなルールにも関わらず参加者数は2000人弱という、ウル4に次ぐ2番めの多さだったらしいです。もしルールがまともだったらスト4超えしてたんじゃないかと思ったりもする…

結果としては、やはりZeRoが優勝。日本勢最高位はあばだんごさんの4位でした。結果はこちら。EVO 2015 - SmashWiki, the Super Smash Bros. wiki

実際に生で見た感じでは、あばだんごさんの試合が最も盛り上がっていたと思います。世界大会という構造上、アメリカ対アメリカ以外というカードは盛り上がりやすい上、パックマンワリオというトリッキーなキャラを使っていたのが大きな要因でしょう。世界トッププレイヤーであるESAMピカチュウとDabuzロゼチコピクオリを倒した瞬間が一番の盛り上がりで、会場はあばだんごコールに包まれました。ところでこの2キャラはいまどこへ…?

対Dabuz戦直後のあばだんごコール

ちなみに僕の結果は、表側3回戦か4回戦くらいでヨッシー使いとして有名なあのsky williamsのカスタム無しヨッシーに負け、その後敗者側で3回か4回勝った後にMochaソニックに負けてBest 64でした。百数十人規模のウメブラでBest48,64だったことを考えると出来過ぎと言っていい結果だと思います。すべては格闘Miiの上Bのおかげ!

実はEVOに行く数週間前まではシークでいくつもりでした。しかし、にえとの宅で見た格闘Miiの壊れっぷりを見て、大会直前になって格闘Miiを使うことを決意。そして、その壊れっぷりを全面に押し出してBest 64という結果になりました。

大会のレベル

さて、EVOは世界最大級の大会なので、参加者のレベルのめちゃくちゃ高いものだと思われるかもしれません。確かに上位のレベルは世界トップクラスですが、それ以外の参加者のレベルは実はそこまで高くありません。

なぜかというと、EVOはある意味で「お祭り的」であるため、勝つことよりも観戦などの他の目的で参加するプレイヤーが多い(僕もその一人かな?)ことと、EVOは複数の競技が行われているため、他のゲームのガチ勢が記念参加しているケースが多いからです。実際、スマDX勢の何人かが4部門に出場していますし、その逆もあります。ストリートファイター等のスマブラ外からも参加している人も多分いるでしょう。

そういうわけで、"平均のレベル"で言うと、日本で行われている大会の方が高いかなぁという印象です。

EVO参加の準備

EVOに参加したいけどどうしたらいいの?という人向けに、費用や行き方などについて書いてみます。

がしかし、僕はいろいろあって別の場所からラスベガスへ行ったので、費用についてはよくわかりません\(^o^)/

ぐぐったらいくつか有用っぽい情報が出てきたので貼っておきます。「EVO 2016 費用」とか「EVO 2016 行き方」とかで検索すればもっと出てくるかと思います。

ただ、もっとも良い方法は、他の日本からの参加者、特に海外大会経験者のスマブラ勢と情報共有し、一緒に行くことでしょう。

たとえば、スマ4勢はケイさんが作ったLINEグループであれこれ情報共有をしています。行くことが確定していなくても興味がある方なら誰でも入れるはずです。

ただ、他のスマ4勢と一緒に行く場合、初対面でいきなり一緒にアメリカに行くよりも、事前にオフに参加するなどして顔見知りになっておくことをオススメします。

いきなりLINEグループに入るのはちょっと…という人も、何か質問等あればTwitterやこのブログのコメント欄で質問してくれれば答えられる範囲でお答えします。

最後に

「EVOに参加したいけど勝てるわけないし…」と思っている人も多いかと思います。しかし、EVOを楽しむのに実力は関係ありません。僕自身もBest64というパッとしない結果でしたが、日本勢の応援で声が枯れるほど楽しめました。

他にも、EVOには物販コーナーも設けられてたり、クオリティの高いコスプレなどが見れたり、会場をウロウロしてるだけで楽しいです。

f:id:harukisb:20160312004917j:plain

f:id:harukisb:20160312005006j:plain

f:id:harukisb:20160312005019j:plain

EVO以外にも、ラスベガスの町並み、会場のホテルに併設されているカジノやショー、少し足を伸ばせばグランドキャニオンなど、楽しめるものはたくさんあります。

EVOは費用的にも時間的にもそう簡単に行けるものではありません。また、海外なので英語という不安要素もありますが、こういった大きい大会にはたくさんのスマ勢が行くことが予想されるので、一緒に行動すれば英語ができなくても割りとなんとかなります(入国検査だけちょっとだけ注意)。

この機会にぜひ行ってみることをオススメします!