Harukiのスマブラなどブログ

スマブラ(for)やスマブラ系Webサービスについて書いていきます

「ダンバー数」と、スマブラ大会について思ったこと

先日同僚との会話で「ダンバー数」という数があるのを知った。

ダンバー数(ダンバーすう、英: Dunbar's number)とは、人間が安定的な社会関係を維持できるとされる人数の認知的な上限である。
wikipedia

人類学者のロビン・ダンバーが提案した数で、その上限は大体150くらいだそうだ。

よくスマブラ大会に出ている僕としては、この150という数字はなんとなく身に覚えがある。とは言っても、この数字はあくまで「安定的な社会関係」、つまりイベントなどで一同に介する人数ではなく長期的な人間関係を築ける数なのでスマブラ大会には直接応用できないけど、150人という数字を聞いていろいろ思うことがあったので紹介。

f:id:harukisb:20180915134818j:plain (ちなみにこれはダンバンさん)

参加人数と雰囲気

最近では日本各地でスマブラ4大会が開催されているけど、大会によって雰囲気が結構異なる。そして(これはスマブラ大会に限ったことではないけど)人数が多ければ多いほど、全体の一体感やアットホーム感みたいなものが薄れていく。別に一体感なんてなくて良いじゃないかという気もするけど、これが無いと運営が苦しくなるという問題がある。というのも、ほとんどのスマブラ大会はボランティアによって運営されていて、交通費すら出ない中でスタッフさん達はなんとか頑張っている。人数も足りてないので、準備や片づけの一部を参加者にお願いしなくてはならないというのが現状だ。

幸運にもスマブラ界隈では参加者の多くがこの状況を理解しているので、運営側がうまく促すことができれば協力してくれる参加者が多い。「うまく促すことができれば」というのがポイントで、人数が増えれば増えるほど、うまく促さないと協力してくれる人がどんどん減っていくという印象がある。そして、ある人数を境に「全体的に協力的な雰囲気」から「そうでない雰囲気」になって、その境がなんとなく150人くらいな気がする。国内のスマブラ4大会でいうと、ウメブラ・スマバトシリーズとそれ以外という分け方になる。このくらいの人数になると、「うまく促す」必要が出てきて、例えばマイクを使ってこまめに協力のアナウンスをするとか、自由にプレイできる台を専有しないようにお願いするとか、そういう工夫が必要になってくる。もちろん150人以下の大会ならそういうのが必要ないというわけではないけど、人数が多いければ多いほど工夫が必要になるんじゃないかと思う。

例えば、ウメブラ33では、大会後に多くのゴミが放置されるという問題があったが、ウメブラ34ではツイッターや現場のアナウンスのおかげでほとんどゴミが出なかったようである。よかったよかった。


僕が思うに、参加者の中には3種類の人がいると思う。とても協力的な人、協力する気がない人、そして、その中間に「みんながやるなら協力しようかな」くらいの人。そして、最後の人たちをどう巻き込むかというのがカギになってくると思う。まあ要するに「赤信号 みんなで渡れば 怖くない」みたいな空気を作らないように工夫が必要ということである。まあそもそもの話、スタッフがボランティアでない形にできればそんなこと考える必要もないかもしれないけど…

スマブラSP発売後はもっと参加者が増えることが予想されるので、このへんのノウハウも蓄積されていくといいですね。

スマブラ4好き必見!今すぐフォローするべきtwitterアカウント30選くらい

皆さんこんにちは!Harukiです。

突然ですが、みなさんはどうやってスマブラ4の情報を収集していますか?YouTube?ブログ?僕がおすすめするのはなんと言ってもtwitterです。日本のみならず世界中の多くのスマブラー達はtwitterで情報交換をしています。また、おもしろいブログや動画もtwitterを通じてシェアされがちなので、twitterさえ抑えておけばほぼすべての情報源を網羅できると言っても過言ではありません!

f:id:harukisb:20180818014759j:plain

そこで今日は、様々な視点から選りすぐりの30個くらい選んでみました!なお、このブログはSmashlog風に書かれているのでいつもよりテンションが高めです!!!!

smashlog.games

そんなことはさておき、早速見ていきましょう!

情報発信系

鮫木 | さめき (@sameki1024) | Twitter タミスマというオンライン最大規模の大会運営、オフ大会情報のまとめ、その他役に立ちそうなスマブラ情報を片っ端からRTしてくれるすごい鳥。

こげろー (@kogerooo) | Twitter 青キノコの人。海外大会に出場する日本人や海外有力プレイヤーを配信スケジュール付きでツイートしてくれる。他にも、強豪プレイヤーの作ったキャラランクや海外のプレイヤーランキングなどもRTする。

Smashlog(スマッシュログ)公式 (@Smashlog_staff) | Twitter 主に関東上位勢たちで運営されるブログのtwitterアカウント。テクニックから心構えのようなものまでいろいろある。

スマドラシル/Smadrasill [公式] (@smadrasill) | Twitter 主に関西勢(たぶん)によって運営される攻略サイトスマブラ系サイトの紹介のページとかが便利。

Justin (juddy96) (@juddy_96) | Twitter 日本のスマブラシーンに強い興味を持つ謎のカナダ人。日本語はしゃべれないが、日本スマブラーの使用キャラをまとめたり、大会中に進行状況を英語でつぶやいて日本のスマブラシーンを海外に発信してくれるすごい有能ミズゴロウ。もはやラグラージ

Tylor (@theSirToasty) | Twitter こちらも海外勢。海外大会で起こった名シーンをGIFにしてツイートしてくれる有能な食パン。フォローするとかっこいいコンボやらプレイヤーのおもしろいリアクションやらが流れてくる。

あるくぅ🍄 (@ar_c4) | Twitter 日本のスマブラ大会の順位表をわかりやすい画像でツイートしてくれるすごい人。

スマブラfor検証wiki bot (@smash4_kensyou) | Twitter 検証勢と呼ばれる、技のフレームデータやゲームの仕様をまとめてくれる神々のtwitterアカウント。

動画配信系

配信してる人を挙げるとキリがないですが、ここでは大会の上位勢で、なおかつ配信頑張ってるなーと個人的に思ってる人だけ。絶対忘れてる人いそうですが…

SHI-G (@SHI_Gaming) | Twitter 配信クルーと呼ばれるスマブラ4界の配信関連の横断的に配信する団体。日本の主要な大会を配信してくれる。

あばだんご/Abadango@rest in 🇯🇵 (@Abadango) | Twitter 関東のミュウツー/ベヨネッタ使い。多分スマ4界ではフォロワー数1位(現時点で32000ちょい)。

スマ宿(仮) (@sumalogi1123) | Twitter スマ宿という関東のスマブラシェアハウスのアカウント。EVO3位のにえとの選手が上げるガチ系の動画から、他の人があげる笑える系まで様々。

れあ/Lea (@lea_gekkouga) | Twitter 関東のゲッコウガ使い。ガチ部屋で370連勝したすごい人。

takera (@takeraketa) | Twitter 関東のリュウ使い。別ゲーもやる。見た目が怖いけどいい人なので安心してほしい。

CND|Raito(ライト) (@CND_Raito) | Twitter 関東のダックハント使い。対戦動画だけでなく、テクニック系や、海外大会の旅行記的なものまで。

まさし/Masashi (@masashipit) | Twitter 関西のクラウド使い。配信だけでなく解説動画も多め。デザイナー的な人なだけあってサムネがかっこいい。

がく/gackt (@gakussbb) | Twitter 関東のネス使い。強いけどいろいろとやばい。マイスターGという別アカウントも持つ https://twitter.com/MeisterG_smash

大会系

こちらも上げるとキリがないので各地方の主要シリーズと開催頻度の高いものだけ紹介。網羅的に知りたかったら鮫木さんのgoogle documentに行くともっと見られます。

HST (北海道スマブラ大会) (@HokkaidoSmashT) | Twitter 北海道のスマブラ大会。

TSC スマブラwiiU/3DS東北大会 (@TSC_SUMA4) | Twitter 宮城のスマブラ大会。

新潟スマブラオフ大会「NSB」 (@Niigata_NSB) | Twitter 新潟のスマブラ大会。

ウメブラ/関東スマブラオフ大会 (@UMBRHP) | Twitter 東京のスマブラ大会。

神奈川スマブラ対戦会黒ブラ (@BlackBros_SSB) | Twitter 神奈川のスマブラ大会/対戦会

闘龍門 (@TeamSmashDragon) | Twitter 東京の平日スマブラ大会。

凱〜KACHIDOKI〜&スマパ!運営 (@KACHISMAPA) | Twitter 同じく東京の平日スマブラ大会。

カリスマ@愛知スマブラオフ大会 (@karisuma_nagoya) | Twitter 愛知のスマブラ大会。

ABC/Amphisbaena Cup (@AmphisbaenaCup) | Twitter 愛知の平日スマブラ大会。

スマブラ4バトルロード@スマバト (@sumabatofor) | Twitter 大阪のスマブラ大会。

CYCLOPS athlete gaming (@CYCLOPS_OSAKA) | Twitter 大阪のスマブラ大会(を運営するゲーミングチームのアカウント)。

ヒロスマ10 9/1(土)開催 (@hirosuma4) | Twitter 広島のスマブラ大会。

修羅ブラ@9/29 修羅ブラXV (@Shulla_bra) | Twitter 福岡のスマブラ大会。

Wataru "J-Snake" Shinzato (@toarusnake) | Twitter 沖縄のスマブラ大会/対戦会(を開いている方のアカウント)。

公式系

桜井 政博 (@Sora_Sakurai) | Twitter スマブラシリーズディレクター。我らの神。

大乱闘スマッシュブラザーズ【スマブラ公式】 (@SmashBrosJP) | Twitter スマブラ公式アカウント。

おわりに

いかがだったでしょうか!これをきっかけにスマブラ4界隈に詳しくなっていきましょう!また、スマ4界隈に詳しい方なら「なんでこのアカウントが紹介されてないんだよ!」と思ったに違いないでしょう。実際書いてみるとキリが無いので30個ちょいで一区切りとして紹介しました。こんなのあるよーみたいなのはコメント欄とかから受け付けてます!

最後の自分のアカウントをデーンと貼って終了!疲れたー!!

twitter.com

ウメブラ33 選手兼スタッフオフレポ

選手兼スタッフとしてウメブラ33に出てきました。台風が来るとのことだったのでかなり不安だったけど開かれてよかった。

piosuma.blog.jp

選手として

例によって試合内容はあんまり覚えてない。bracketはここ。

smash.gg

対ぼくじゅうネス 0-2 一戦目はロボを出して普通に負け。2戦目はシークにキャラ替えするもタイムアップ負け。復帰阻止怖くて行かな過ぎたのが敗因っぽい… てぃーパックマンとの対戦チャンスを失う。

対はらせんミュウツー 0-2 ウメブラJMで当たったことがあるらしい(覚えてなかった)。その時はロボを出してバキバキにされたので今回は最初からシーク。そしてバキバキにされた。悲しい。ネスといいミュウツーいいフワフワキャラは難しい。

何位かわからん順位で終わり。社会は厳しい。

スタッフとして

今回もトーナメント表作成と、smashggでの進行を担当。

参加者が400人もいるとトナメ作成はホンマに大変。予選が総当たりだと、こう言うとアレだけどまあ誤魔化しが効くというか、プレイヤーの位置がちょっと入れ替わったりしてもなんやかんやであんまり影響がなかったりするけど、いきなりダブルエリミだとシードのミスが結果に大きく響くのでかなり緊張する。今回はそういったミスは無かったはず… とはいえ、この規模の大会でそれなりのトーナメント表を作るというのはなかなかやりがいがあるし、現状ではまあまあ楽しめている。半自動化プログラムもなかなかいい感じになってきてるからいつか部分的でもいいから公開したいところ。

トナメ進行も同様にめちゃ大変。総当たり時代は、総当たりの結果は紙にだけ記録してsmashggやchallongeには残さず、各予選の上位3名だか4名をトーナメント表に入力して、96やら128人のトーナメント表をsmashgg上で進行するだけだったのが、最近は予選から結果をすべてsmashgg上に打ち込むようにした。1ブロックあたり22試合ほどあり、それが32ブロックあるので、合計704試合の打ち込み… 唯一の救いは各ブロックが独立しているので何人かで協力して打ち込めること。以前は各グループの予選結果が書かれた紙を中央で集めて、予選が終わったタイミングでまとめて結果を入力してたけど、それだと午後の本戦に間に合わない可能性があるので、最近は予選中も何人かで会場をグルグル回りながらスマホやらタブレットで予選結果を随時smashggに打ち込みながら進行した。正直疲れる… どうやらsmashggには、プレイヤーに結果を入力できる権限を委譲できる機能があるらしいので、プレイヤーに結果入力を任せるという手もあるらしい。ただ、現状で各グループの進行を任せてるのに、さらにsmashggでの入力も任せるとなると気が引けるというのもある… うーむ

それと、スマッシュレコード運営の立場で言うと、出場者の情報が全部入るのでとても気持ちいい。以前は予選敗退者の戦績を入れることができなかったのでこれはかなりうれしい。

次回は8月25日!!がしかし先約が入ってて出られなさそうなのでトーナメント表だけ作るおじさんになります。

ゲームが強い人と、攻略記事を書く人と別々でもいいんじゃねという話

  • 日本スマ4界は攻略記事が少ない
    • わざわざ「日本スマ4」に絞ったのは単に他の界隈を知らないからで、海外とか他のスマブラシリーズも同じかもしれない
  • 理由はいろいろある
    • まあ普通にめんどい (多分これが最大の理由)
    • ゲームの性質上書くのが難しい
      • 攻略記事の基本であるコンボですら確定か不確定かが状況によって変わりすぎて記述しずらい。上位プレイヤーでも体で覚えている人が多い(と思う)
    • 書くと怒られる
      • 間違った情報を発信すると怒られる
      • 間違った用語を使うと怒られる
      • 既出情報を発信してもなぜかたまに怒られる
        • なんでやねん
  • でも攻略記事は需要がめっちゃある
  • どうしよう
  • 必ずしも強い人が書かなくてもいいんじゃないかと思った
    • 書籍でも、専門家にインタビューをしてそれを編集者か何かが文字に起こす、って形式は普通にある
    • 例えば、自分からは攻略記事とかツイートとか書かないけど、質問箱で聞かれたら答える人はめっちゃ多い。
    • 強い人に聞いて、それを誰かがいい感じにまとめて書けば良さそう
    • 質問を事前に公募するのも良さそう
  • メリット
    • 強い人が持つ知識が共有される
    • 自分で書くよりは敷居が低い
  • 問題点
    • 未だにめんどい
      • 特に書く人
    • 未だに怒る人はいる
      • まあ無視するしか無い
    • 結局文字にするのが難しい箇所がある
      • コンボとか立ち回りとか

うわっ…私の記憶力、低すぎ…?

1 2の・・・ポカン!

f:id:harukisb:20180523202515p:plain

本当に低いのか

いきなりタイトルを否定することを言うけど、本当の意味で記憶力が低いわけではないと思う。というのも、別に日常生活に支障はないし、暗記力が試されるようなテストでもかけた労力に相応な結果が返ってきていたと思う。語彙力も別にマジでやばいくらいアレってわけでもない。英語に関してはおそらくJapaneseの中でも上位数%くらいのVocabularyは持っていると思う(仕事で使うOpportunityが多いため)。

じゃあなんで低いと思ってるのか

僕が特に記憶力が低いと感じるのは、ゲームやマンガに出て来る固有名詞の覚えられなさ。キャラクター名、地名、技名なんかが壊滅的に覚えられない。例えば、僕の一番好きなマンガである「からくりサーカス」では、主人公のうち1人の名前が思い出せない(大人の男)。仲間もラスボスもロクに覚えてないし、なんならストーリーも若干怪しい。頭に残っているのは「めっっっちゃおもしろかった」という記憶だけ。でも読み返せば「あーこんなキャラおったな〜」とはなるので完全に忘れているわけでは無いと思う。

前述したように生活には支障はないけど、記憶力に低さで困るシーンないくつかある。例えば、友人とマンガや映画について語り合うことができない。言われると思い出すので「あーそこ良かったよね〜」的なリアクションは取れるけど「どのキャラが好き?」みたいな質問をされると、何も言えないか、「なんかクルクル回って攻撃するやつ」みたいな小学生並みのことしか言えない。ツライ。それと、小説を読むのが難しい。マンガなどと違って絵がないので登場人物を覚えてないと何を言ってるのかわからない。結果として、星新一のショート・ショートとか、登場人物が少ない村上春樹の小説しか読めない。ちなみにこれらの小説も読めるだけで覚えてはいない。やれやれ。

なんでだろう

なぜなのか考えてみたけど、「フィクション慣れしてないから」という仮説を思いついた。

僕は人に比べてフィクションを楽しむ習慣が少ない。特にマンガに関しては顕著で、それこそ2018年はこれまでに1巻どころか1話も読んでないというレベルで読まない。アニメは今年はポプテピピックを数話見ただけ。ドラマはもちろん0。映画は3,4本くらい。そして、どうもこのフィクション不足が原因なんじゃないかと思い始めた。

フィクション不足ということはすなわち、頭の中にある物語のストーリーやキャラクター同士の相関図のパターンの蓄積が少ないということになる。つまり、新しいフィクションを見たときの「新鮮度」が他の人と比べて高いため、フィクションに触れている時に脳が新しい情報を処理するのに精一杯で覚える暇が無いんじゃないか、ということである。

頭に蓄積されたパターンが多ければ多いほど新しいものが覚えやすいと思う。例えば英単語でも、100個覚えている人が101個目を覚えるのと、10000個覚えてる人が10001個目を覚えるのでは、後者のほうが簡単だろう。これは、英単語には漢字における部首のようなパターンがあって、新しい単語を見たときに頭のなかに蓄積されたパターンを使って記憶にかかる労力を節約できるからじゃないかと思う。

つまり僕もフィクションのパターンを蓄積していけば記憶力が改善するのではないか。そう考えると別に心配いらないじゃんと思えてきた。あっはっは

ほんとか

ここまで散々それっぽいことを書いてきたけど、だんだんと自信が無くなってきた。っというのもいくつか反例が思いついてしまった。例えば僕はミュージシャンの曲名も覚えられない。お気に入りの曲があっても、字面をなんとなく覚えているだけだったり「Youtubeのあのサムネの曲」とか「あのアルバムの2曲目」みたいな覚え方をしていることすらある。我ながらひどい。あとは人の名前もやや苦手だ。これらはフィクションと違って平均並みの蓄積があると思うけど、それでもやっぱり覚えられない。

結論

私の記憶力、低すぎ

配信用にゲーミングPCを買いました

買いました。僕自身は配信用PCに詳しいわけではないですが参考までに。

f:id:harukisb:20180523191941p:plain

参考にしたサイト

www18.atwiki.jp

^ 人類の叡智が詰まっています。この記事を見てるヒマがあったらこちらを見ましょう。

なぜ買ったか

配信がしたかったからです。 具体的に言うと、僕は今までMacBookProしか持ってなかったのでデスクトップPCも欲しいなぁと3年くらい思っていたのでいい機会だったというのが大きいです。それとMacはSteamのゲームでできるのが少なかったりするので前からWindowsが欲しかったというのもあります。 配信するだけならゲーミングPCである必要は必ずしもないのですが(配信において重要なのはCPUで、ゲーミングPCには大抵GPUが載っているので)、せっかく買うならちょっといいもの買ってみるか〜くらいのノリでゲーミングPCにしました。

どこで買ったか

ドスパラで買いました。

www.dospara.co.jp

1つ1つパーツを選んで買うことも考えたのですが、プログラマのくせにあんまりCPUとか詳しくないので出来合いのもの(?)にしました。ドスパラを選んだ理由はほどよい値段だったからです。ドスパラには色々なPCがありますが、このページが比較しやすくて良いです。

www.dospara.co.jp

G-Tuneとかも良さそうでした。ウメブラではG-TuneのPCを使ってるっぽいですね。

G-Tune レビュー! | SHI-G Website

なにを買ったか

ガレリア XTを買いました。

www.dospara.co.jp

カスタマイズは、メモリを8GBから16GBに、CPUをi7 8700からi7 8700Kにしました。このへんは金かけても損ないやろーくらいの気持ちでアップグレードしました。172,910円💸💸💸

GPUはGTX1060 6GBのものを選びました。あんまり高スペックなものを要求するゲームをするつもりは無いのですが、FF15をするのにこれくらい必要っぽかったのでこれにしました。

それと、僕がPCを買おうと決めた直後にAMDの新しいCPUが出たのでそれにしようかとも迷いましたが結局intelcore i7にしました。なぜかというと「詳しくもなく興味もそんなにないものを買うときはとりあえず流行(多数派)に従う」と決めているからです。強い理由もないのに少数派をものを選ぶと何かトラブったときに聞ける人や情報が少なかったりしてつらい思いをしそうだったので、詳しくないものを買うときはあえて思考停止して多数派を選ぶことにしています。まあお前はプログラマなんだからCPUには興味持てよって話ではありますが。

PC以外に何を買ったか

まずキャプチャーボードを買いました。AVerMediaのGC550です。

選んだ理由は先程と同じで、色々な人が使ってるからです。ウメブラでもこれを使っているというのをどこかで見た気がしましたが忘れました。とにかく安定択っぽいです。

それとマイクを買いました。ソニーのUSBマイクです。

理由は言うまでもなく色んな人が使ってるからです。カメラについては今の所顔出し配信をする予定が無いので買わず。

最後に配信には直接関係ないのですが、PC用のデスク(というかキャスター付きの台)を買いました。

理由は色んな人が使ってるから…ではなく、キャスター付きの台のほうが配線とか掃除とかがしやすそうだったからです。以前使ってたPCは動かすのが面倒でホコリがひどかったので… まあでもこの台はちょっと割高っぽい気もするのでニトリとかで探せばもっと安いのが見つかりそうです。

次回は配信環境について書きます(たぶん)。ちなみに配信はここでやっています。

www.twitch.tv

ウメブラ32 選手兼スタッフオフレポ

選手兼スタッフとしてウメブラ32に出てきました。

piosuma.blog.jp

選手として

相変わらず脳筋で動いているのであんまり覚えていない…

対あれんクラウド 2-0

覚えてない… 2-0で勝ち。

対あげはさまリュカ 0-2

ロボの空NAを発生前に潰そうとしてきて「対ロボ分かりし人や〜」と思ってたら負けてた。このカードは掴めないからキツイ…ちょっとぱなすくらいが丁度ええんやろか

対ちきんディディー 1-2

一試合目はロボで行ったら案の定崖から出られなかったので負け。その後シークにキャラ変えして2試合目は序盤で事故らせてまるまる1ストリードしたのにギリギリ勝利だったから3試合目は事故らせないと勝てないなーと思ってたら事故らせられず負け。それにしてもこのカードはこれぞスマ4って感じでホンマに楽しいし、このゲームこの2キャラだけでいいんじゃないかと思うほど(言い過ぎ)。

っというわけで129位?マリカーやってて予選突破できるほど優しい世界ではなかった。

スタッフとして

主にシードやら予選表やらの作成を担当。いつもは予選は1先総当り -> 本戦96 or 128人でダブルエリミネーションという形式だけど今回は人数が多いということでいきなりダブルエリミネーション。海外の大きな大会ではほとんどこの形式なので王道と言えば王道の形式だけど日本では予選総当りが主流なのでプレイヤーの間では賛否両論だったりする。まあでもこの人数を1日で消化するにはコレ以外に選択肢がないかなという感じ。

それと今回に限らずだけどトナメ表公開してからプレイヤーが参加キャンセルするとグループごとに通過難易度が変わったりして良くないという問題がある。キャンセルしたプレイヤーを責めるつもりは一切無いしもちろんしょうがないことだけど、現実問題としてトナメ表公開してからのキャンセルがあると色々と困るので運営側としては0には出来ないけど減らしたいところ。単純に考えればトナメ表公開からトナメ開始までの時間が短ければ短いほど少なくなるけど、それだとプレイヤー側からすると直前まで相手が分からないのがストレスなのと、そもそもトナメ表作る側がして大変。とは言え今回も前日の昼公開で十分短かった気がするのでどうしようもない感はある…

吉本興業さん日清さんYogiboさんとスポンサー関連が充実してきたますますおもしろくなってきたな〜次回は7月7日開催でござる。